地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市多摩区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

川崎市多摩区の地域情報サイト「まいぷれ」

営業状況につきましては、ご利用の際に店舗・施設にお問い合わせください。

休校が終わって心配なこと

 数学教育研究会 読売ランド教室のニュース

生田緑地の菖蒲園「休校が終わって心配なこと」

生田緑地の菖蒲園

6月1日からいよいよ学校が始まります。

 3ヵ月もの休校で、学習面での不安を持っている方も多いかと思います。自分で教科書を読んで問題をやるという宿題が出て、一応やったものの、よくわからなかったという人もいるでしょう。
 でも、教科書を読んだだけで全員がわかるなら先生はいりません。

そんな人たちに、学校の先生方にはぜひ
 「大丈夫、わからないところを説明するために先生はいる!」
と言ってあげて欲しいと思います。

さて、休校中の自習についてです。

 数教研の教材は自習用の教材になっています。基本的に小中学生が自分で読んで、どうしてかが理解できるように書いてあります。小学校低学年の頃から学習している生徒さんの多くは「教材を読んで、何を言っているかを理解したり、なぜかを考えたりする」という学習に自然に慣れますから、小学校高学年以上にもなれば自分でどんどん学習を進めていけるのです。 

 でも、現在の小学校の算数の教科書は自習用には作られていません。『〇〇さんの考えを説明してみましょう』のように、学校で話し合いをするために書かれているようで、「なぜか」という説明がきちんと言葉で書かれていない事が多いのです。このような教科書を使って自習するのは難しいのではないでしょうか。
 しかも、自習型の学習に慣れていないのですから、中学生になっても「教科書を読んできちんと理解する」ということが難しい人は少なくないのです。

「やり方は覚えたけど、理由はわからない」という人が多くなりそうで心配しています。
(その対策については次回)

カテゴリ

学習塾・予備校[個別指導塾]

数学教育研究会 読売ランド教室

数学教育研究会 読売ランド教室イベント情報
最新のニュース一覧へ
口コミ(3件)一覧へ